官民クラウド勉強会

STUDY
GROUP

現役議員さんと企業の無料勉強会で
官民連携の課題解決を!

無料勉強会参加申込はこちら
議員と企業で地域課題解決の勉強会を実施します。

通常、議員さんは議会で地域の課題について問題提起します。
それに対し、自治体職員が対策案を提示し、議論を進めていくわけですが、
具体的な対策案の提示が進まなく、議会が前に進まないケースが多々出てきてしまいます。

官民クラウドでは、少人数制で完全無料!議員さんと官民連携における課題解決に繋がる勉強会を2021年4月から実施していく予定です。

民間企業は参加することで3つのメリットがあります。
  1. 議員さんに課題解決提案ができる
  2. 自治体向け企画の立案に役立てられる
  3. 議員さんと繋がりを持てる

官民クラウド勉強会日程

第3回テーマ『防災について考える』
2021年7月15日(木)14:00~15:00
開催方法
ZOOMでのオンライン開催
定員
先着 5 社
参加費
無料 ※ただし、当日までに官民クラウド無料説明会参加が条件となります。

官民クラウド勉強会第3回のテーマは『防災について考える』です。東日本大震災はインターネットやそれを活用したソーシャルメディア(以下「SNS」という。)を 日常的に利用している「ネット社会」が広く普及した時代に起こった大規模災害でした。 その意味で、不幸な災害の中でも様々な形でICTが活躍した。それらは貴重な経験・ノウハウです。同時に、その際ICTを活用可能とした要因や更なる活用のために必要と考えられる追加的課題を整理することは、今後起こるかもしれない災害の発生時にこれまで以上にICTを活用可能とするために極めて重要な意義があり、技術やノウハウを持つ民間企業の活躍が求められています。

無料勉強会参加申込はこちら
第2回テーマ『これからの観光を考える』
2021年5月20日(木)14:00~15:00
開催方法
ZOOMでのオンライン開催
定員
先着 5 社
参加費
無料 ※ただし、当日までに官民クラウド無料説明会参加が条件となります。

官民クラウド勉強会第2回のテーマは『これからの観光を考える』です。新型コロナウィルスの影響によりインバウンド(訪日外国人)は前年比9割以上の減少が続いています。影響は大きく、帝国データバンクによれば12月16日時点でコロナ関連倒産の累計件数でホテル・旅館は飲食店に続く2位です。旅行会社が店舗のリストラを決めたり、大手出版社が有名な海外旅行ガイドブック事業を他社に譲渡したりするなど、関連業界の再編も始まりました。しかし自治体は観光客誘致をあきらめることなく、新しい観光の形を模索しており、民間企業の協力が求められています。


第1回テーマ『スマートシティ構想について』
2021年4月20日(火)14:00~15:00
開催方法
ZOOMでのオンライン開催
定員
先着 5 社
参加費
無料 ※ただし、当日までに官民クラウド無料説明会参加が条件となります。

官民クラウド勉強会第1回のテーマは『スマートシティ構想について』です。スマートシティとは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)をエネルギーや生活インフラの管理に用いることで、生活の質の向上やサービス効率の向上、そして都市の競争力をつけ、現在と次の世代が経済・社会・環境の観点で需要を満たすことができるような都市のことです。スマートシティ構想に力を入れる自治体は徐々に増えており官民連携事例も増えています。IoT技術・サービスを持つ民間企業が広く求められています。