自治体の職員は民間企業のことがわからない
民間企業は自治体のことがわからない
双方が歩み寄り、官民が協力して日本を変える!
全国1,724ヶ所の自治体と地域創生を担う企業が繋がる日本初のマッチングサービス!
2020年5月7日
正式リリース!
無料説明会実施中! 説明会申込はこちら

日本を変える“官民クラウド”とは?

日本全国1,724ヶ所の自治体の約3万件ある課題を民間企業のノウハウと技術での解決を官民クラウドがお手伝い

日本全国1,724ヶ所の自治体と繋がる!自治体課題情報約30,000件を収集! 企業が持つノウハウや技術が、地域の将来を良い方向に向けるターニングポイントになります。官民クラウドは、課題が違う日本全国1,724ヶ所の自治体の自治体課題情報約30,000件を収集し、全国で初めてデータベース化に成功しました!要望・課題別に企業が自治体に課題解決策を提案できる日本初の官民マッチングサービスです。

自治体3つの課題

人口流出により税収がなくなり、市民サービスの低下へ、
3つの課題が負のスパイラルとなり自治体だけでは解決できなくなっています。

民間が自治体と連携し、課題を解決する

  1. 官民クラウドは地方創生の一助となる地方創生の一助となる
  2. 随意契約で確実な入金確実な入金
  3. 官民連携で会社の信用度UP会社の信用度UP

企業側にも自治体との連携は多くのメリットがあります。 自治体職員は、既存の業務に追われ、新規事業や企画を立てる、勉強することができません。
しかし地域課題の解決を市民からは要求されています。
企業は、自治体職員の代わりにノウハウと技術を提供することで、3つの課題を解決できる可能性があるのです。

でも、日本の課題解決には、
自治体と民間の『わからない』の解消が必要

自治体の職員は民間企業のことが『わからない』
民間企業は自治体のことが『わからない』

官民双方の『わからない』を官民クラウドが仲介し
『わからない』を解消します!

官民共に「地域を良くしたい」という目的は一致していますが実行に移すまでのプロセスが違い、相手に企画の趣旨が伝わり辛いというのが現状です。目的が一致しているのでプロセスも合致すればおのずと官民連携から地域創生につながります。

官民クラウド、サービスのここがすごい!

官民だけでやり取りしても着地しない例えば『紐付き』と言われても民間にはさっぱりわかりません。
企業間同様の専門用語を多用したパワポ資料を提出しても自治体はさっぱりわかりません。

官民クラウドが仲介することで共感を得ることができるようになる!官民クラウドが、民間が伝えたい企画提案の内容を自治体でもわかるように説明をし、難しいお役所言葉で民間にはわかりづらい自治体の要望を翻訳することでリアルに自治体と民間が繋がり官民連携を実現します!

自治体の課題3万件の
自治体の課題
企業が自治体の課題解決の提案をする企業が課題解決の
提案資料を作る
官民クラウドが自治体向け資料を添削官民クラウドが
自治体向け資料に
添削
官民クラウドが自治体と企業をリアルに繋げる官民クラウドが
自治体と企業を
リアルに繋げる

官民クラウド3つの特徴

よくあるウェブマッチングサービスとは違う!
本当にリアルに繋げるサービスは官民クラウドだけ!

官民クラウドを利用した自治体との連携の流れ

企業間での契約のようには進みません。
予算編成に合わせて計画を作る必要があり、更に時間がかかる場合があります。

民間が単独で挑んで一番苦労するのが、自治体へのアポ取りと、自治体に企画の内容を理解してもらうことです。民間同士での当たり前が通じない、最初の大きなハードルを、官民クラウドの自治体と民間を繋ぐノウハウでクリアすることで、難関『随意契約』獲得に導きます!

民間向け、官民クラウド無料説明会

官民クラウドの導入をご検討の企業さま向けに、無料説明会を実施しております。新型コロナウイルスの影響を考え、個別にオンラインツールを利用しご説明させていただいています。予約制ですので、まずはご予約フォームよりご予約をお願い致します。

無料説明会の詳細はこちら

お知らせ

2020年07月29日お知らせ
お盆休暇についてお盆休暇の2020年8月13日~2020年8月16日までの間、休業とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。
2020年05月07日更新情報
官民クラウドを正式リリース致しました全国1,724ヶ所の自治体と地域創生を担う企業が繋がる日本初のマッチングサービス『官民クラウド(ver. 1.00)』を正式リリース致しました。
2020年04月03日お知らせ
無料説明会を個別対応に変更します都内での新型コロナウイルス拡大の影響を受け、1社ごとの個別対応に変更させていただきます。ご了承ください。
2020年04月02日お知らせ
無料説明会の定員数変更について都内で新型コロナウイルスの拡大を受け、定員数を20名から8名に変更させていただきます。ご了承ください。
2020年04月01日お知らせ
官民クラウドβ版の情報ページを公開しました正式リリース前の説明会情報など、β版を公開しました。4月中に正式リリースを予定しております。